イチゴ狩り。

先日、近所の小学校の生徒をイチゴ狩りに招待しました。 今年は一年生から三年生までが来園しました。 あいにくの悪天候でしたが、晴れているとハウス内は30度を超えてしまうので、かえって良かったと思います。おなかいっぱい食べられたかな?

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。 さて、年末年始にはイチゴの収量が間に合わず、お客様には多大なご迷惑をおかけ致しました。 やっと収穫できる量が増えてきましたので、今まで買えなかったお客様にも充分な量になっております。 皆様のご来店をお待ちして…

開店!

おかげさまで、今年も直売所を開店することができました。 今期もよろしくお願いいたします。

花盛り!

すでに小さな実になって来ているのも見かけます。収穫までもうすぐです。

ミツバチ搬入

ビュンビュン飛んでます! イチゴの花が咲きだしたのでミツバチを入れました。ミツバチ問題が騒がれている通り、全国的にミツバチが少なく値段が上がっています。来年の5月までよろしくお願いします!

マルチング。

ハウスの中をイチゴの株以外、すべて黒いビニールで覆ってしまいます。株の周りはどうしているかというと、一株一株ホチキスで留めていきます。

花が咲きました!

ぽつぽつですが、イチゴの花が咲き始めました。つぼみもあちらこちらで見え始めました。 そろそろ、ミツバチの出番です。

機械も自分で直します。

畝上げ機の調子が悪かったのです。やはり、年に3日しか使わないので、具合も悪くなりがちです。ちょっとアイドリングが不安定になっていたので、キャブレターをばらして洗浄したところ、見事復活!こんな作業でも、機械屋さんに頼むとそれなりの金額がかかり…

ビニルハウス張替

古くなったビニールを新しいものに張り替えます。 新しいビニールを張って、完成です。 まず、古いのを剥がします。 お化け屋敷みたい…

お米の販売開始。

今年も佐倉の新米が届きました。今年は豊作だそうです。燃料代などは高止まりなので、値段は昨年から据え置きです。 玄米30キロ 8,500円 白米10キロ 3,500円

忙しかったのでまとめ。

9/30 最後のほうは小さくなります。 9/20 最初のほうは大きい苗ですが… 9/19 定植開始!今年はちょっと始めるのが遅れました。一週間ほどで、17,000本をハウスに植え付けます。 9/16 畝上げ開始。畝上げをする前に、土を湿らせておくのですが、その加減が難…

元肥

土壌診断に従って、肥料を散布します。

堆肥散布

完熟した堆肥をハウス内に散布します。

アマガエル

害虫を食べてくれそうなので、そっとしておきました。

防草シート

ハウス周りの雑草を防ぎます。

毎日

定植用の苗を採っております。ただいま8000本、まだまだ半分です(泣)

来年の準備

苺の販売は5月いっぱいを予定しています。 いちご栽培はもう来年の準備を始めています。親株は昨年の9月から冬の時期を超えて大きくなり始めています。そこで大きな鉢に植え替えをします。鉢は再利用しますので、病気などがうつらない様に殺菌消毒を行います…

開店いたしました!

おかげさまで、例年よりも2週間ほど早く直売所を開店いたしました。今年も美味しく出来ましたよ! 5月末までの営業予定です。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。

初イチゴ!

今期初めて、イチゴを収穫致しました。 今日は3パック出来ました。 直売所をオープンするにはまだ少ないので、それまでは「JA富里産直センター」にて販売いたします。 数が少ないのでお早めに!

谷ビニル張り替え

古くなって日当たりが悪くなったビニルを新しい物に交換します。今日は連棟ハウスの谷の部分です。

だいぶ赤い実が

見え始めました。 来週にも少しずつ収穫作業が始まりそうです。

もう少しです!

だいぶイチゴの花が散って、イチゴの実らしくなってきたと思っていたら、もう赤くなってきている実を見つけました。今年の収穫は昨年よりも少し早いかもしれませんね。

花が咲きました

9月に定植したイチゴの苗が順調に成長して、今日花が一輪咲いているのを確認出来ました。他にも蕾になっているものをいくつか確認出来ました。

子苗ポット採取

今年は本当に去年よりも子苗の発育がいいです。今日の時点で去年は5000本程度だったのが、今年はすでに9000本。なんとかお盆前におわれるといいな~。

高床ハウスのかたし

黒マルチを剥がして、片付けて行きます。

ビニール被覆

ビニールで被覆したあと、かん水してひたひたにします。

かん水準備

水の出るチューブを設置します。

土壌還元消毒

太陽熱消毒の準備をします。

畝崩し

トラクターで畝を崩して行きます。

ハウス内のかたずけ

一年間ご苦労様でした。来年度にむけ、ハウス内を一度真っさらな状態に戻します。まず、黒マルチとかん水チューブを剥がします。